レシピレコメンド進捗 part1 -仕切り直し-

概要

毎日の食事、レシピ考えるの面倒ですよね。

食材のストック状況を把握しておくのも面倒です。

 

そこで、冷蔵庫内の写真を撮影し、手元にある野菜を把握してくれるアプリがあったらいいなと思いました。

機能は、

  • 冷蔵庫内の食材の量チェック: 買い物先でダブったり、買い忘れたりしない!
  • レシピレコメンド: 手持ちの食材から作れる料理のレシピを教えてくれる。作りたいレシピから足りない食材を教える逆引き機能もあり。

 

 

画像解析勉強したいなという気持ちがベースにあって、

大学の課題で何かしらのアプリを作る必要があって、

比較的画像データが集まりそうな分野、ということでこんなものになりました。

 

3人チームで開発して課題としては提出し終えたのですが、他のメンツの了承を得て開発を続けることにしました。

現状は、画像から単体の食材を認識(候補は5つ)してそれを使ったレシピをデータベースから検索するという単純な構造です。

 

開発履歴

これまでの開発の足跡は以下のようになっています。

課題としてではなく実用できるアプリを目指して改めて仕切り直して、進めていきます。

Azure + Tensorflow + Kerasで画像認識やってみた part1

Azure + Tensorflow + Kerasで画像認識やってみた part2

Azure + Tensorflow + Kerasで画像認識やってみた part3

 

とても大まかにこんな構成になっています。

 

今後の開発方針

こんな感じで進めていきます。

  • 別DBに保存されているレシピデータをまとめる
  • 対応する食材を決める(一般的な食材とする)
  • RCNNで1枚の画像から複数の食材を読み取れるようにする
  • Apacheで公開
  • ウェブサイトとしての体裁を整える

コメントを残す