IoT罠-タスクリスト

概説

ニホンオオカミが絶滅したことが直接的な原因と断言するのは危ういが、
昨今シカやイノシシが増加していることは事実である。

日本最大の草食獣であるシカは食の好みがあまりなく、あらゆる草本植物を食い尽くす。
シダなど数少ない苦手なものが森を覆っている。

シカやイノシシが森を食べ尽くした結果、リスなどの小型草食動物は食物が得られない。
生態系に大きな影響がある。

皮剥ぎは木を腐らせ森を蝕む。土砂災害の要因になる。
シカやイノシシの対策は農家被害を防ぐだけの意図ではない。

現状

日本において狩猟は銃猟がメインである。
罠猟は熟練の猟師でも成功率が3割程度である。
ここを改善することで少しでも生態系のバランスをましにできないだろうか。

進捗

コメントを残す